FC2ブログ

記事一覧

銀河鉄道999 長編


劇場版 銀河鉄道999のレビューです

母親を、機械伯爵と呼ばれる人造人間に殺された少年、星野てつろう。
.

機械伯爵は、美しい人間を狩り、剥製にする悪者です。
.

てつろうは、街で出会った美人、メーテルに頼んで、銀河鉄道999に乗せてもらいます。
てつろうの旅の目的は、機械伯爵に復讐することと、機械母星に行って機械の体をもらうこと。

自分の母に似ているメーテルに守られながら、旅をするてつろう。
メーテル優しい。
そしてまつげが長い。
やっぱ睫毛が長いと女性らしいね。

冥王星に立ち寄った際、メーテルが何かを見ていました。
何を見ているんだろう?
てつろうが近寄っていくと、、、

たくさんの人の死骸が凍てついています!
「なんだここは!」

「ここには、機械の体をもらった人が置いていった、元の生身の体があるの。
私は墓場の番人、シャドウ。
私も機械の体にしたのだけど、気に入らなくて、元の体のそばにいたくて、
ここの管理人になったのよ」
.
その後もてつろうはキャプテンハーロックや、

エスメラルダさん

土地郎の母(とちろうの字がわからん)

土地郎

などと出会いながら、
ついに機械伯爵のお城にたどり着きます。
そこで見たものは・・・!

「母さん・・・!」

剥製にされた母の姿でした。

てつろうは機械伯爵を撃ち殺し、復讐をします。

キャプテンハーロック「てつろうくん、目的を果たしたんだね」

てつろう「いえ、新たな目的ができました。機械の体を配っているという、機械母星を壊すことです」

メーテル「てつろう、復讐を果たせておめでとう」

「メーテルは、旅が終わったらどうするの?」

「わからないわ。どうして?」

「その、、。よかったら一緒に暮らさないか?」
てつろうがプロポーズ!

思い悩むメーテル
「てつろうが私を愛してくれても、いつか私のことに気づいてしまう」
謎の声
「お前のてつろう君への気持ちを大事にしなさい、希望を捨てるな」
何か結婚できない事情があるようです

999は終点の機械母星メーテルに到着しました。
え、メーテル?

「なぜこの星が君の名前なんだ?メーテル!?」

「お帰りなさい、王女メーテル様」
なんとメーテルは機械母星の女王の一人娘だったのです

そして、てつろうは、機械母星の部品、ネジにされることになっていたのです。
「卑怯だぞ、メーテル」

「ネジにされてたまるか 離せー」

「君なんかを好きになって バカだったよ」

謎の声「メーテルもてつろう君を愛してしまったのだ」
女王「む、その声は!」

メーテル「お父様よっ」
謎の声「そうだ、私はカプセルになってメーテルと一緒にいたのだ。この機械母星をぶっこわしてやる」
女王「この星が壊れるものか」
メーテル「要所要所の部品に、私が連れてきた人間をつかったでしょ、彼らはこの機械母星を滅ぼすための志願者よっ。私は泣きたいのを我慢して、同士を部品にしていたのよ」
えー怖い。テロのために部品になったのか。

女王「お前に宇宙で一番美しい体を与えた私を裏切るのかああ」
宇宙で一番美しいの!?羨ましいーーー

そのとき、キャプテンハーロックやエスメラルダが加勢に来てくれて

メーテルとてつろうは脱出できました。機械母星もぶっこわしました。

「あったかいな。メーテルが機械だなんて信じられない」

「私、冥王星に行って生身の体を取り戻すわ」

ゴダイゴの999を聞きながらハッピーエンディングです!

今見ても、メーテルってすごく魅力的ですね~。海外にもファンが多いとか。
あと、ゴダイゴの999が素晴らしい。必ずワクワクする。999にぴったりの楽曲です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント